2014 汎美・秋季展が終了しました。<続き>

皆既月食の前日、改修工事中の東京文化会館の前でスカイツリーを見あげると、満月が雲に見え隠れしながら、その上に。月が真上に来るまで少し待って、撮りました。

上野公園からのスカイツリー

今回の汎美・秋季展出品者の作品を紹介します。しかし、カメラからPCへの取り込みにトラブルが発生し、多くのデータが消えてしまいました。今、Finepixの2台目(×5)と3台目(×20)を使っていますが、初めてのトラブルでした。今のところ原因不明です。

30数年来の友人の塩沢慎介さんの「闇の⋯⋯」シリーズです。今回はモノトーンの抑制された画面にブルーでアクセントを入れて、迫力満点の画面構成でした。

塩沢慎介「闇の⋯⋯」シリーズ

 

塩沢慎介「闇の影」「闇の影」

手前は根岸 節さんのオブジェ「La memoria」。平面に厚みができ、レリーフになり、裏面もできて、壁から離れて、床面に空間を生み出し、オブジェになった。奥の壁面は久保 進さんの「it-4」。久保さんの構想は、壁の一面を取り込んで作品と一体化し、自分の作品の支配下に置くこと。壁面のほぼ中央に展示した瞬間、展示空間を変質させたと思う。絵画の力を感じました。

根岸さんと久保さんの作品

 

多摩美の先輩、三竹康子さんの「群2014-進む」。いろいろ思考中の魚たちのような気がします。

三竹康子さん「群2014-進む」

 

 

 

 

阿部純子さんの「新聞紙のある静物」。タイトルに新聞紙のあると付けたところに、阿部さんの強い意思を感じました。自分の思いを表現するのに、新聞を使う手もありますね。そういえば、友人の版画家・海老原暎さんが1969年に発表した折りたたまれた新聞を伸ばして、描いた作品(油画)もありました。

阿部純子「新聞紙のある静物」

小林民子さんの「雨ね⋯⋯」。同じシチュエーションにおかれても、雨を見ながら考えることは皆違う。鑑賞者が自分のその場面を思い出す仕掛けが面白いと思いました。

小林民子「雨ね⋯⋯」

 

 

 

 

佐川毅彦さんの「顔のない花嫁」。石膏像では見慣れているが、強いインパクトがありました。

佐川毅彦さん「首のない花嫁」

 

 

 

 

 

 

小杉春見さんの「平穏」です。汎美展では、初めての風景画の出品でした。もっと、いろいろな小杉ワールドの風景画を観たいと思いました。

小杉春見さん

 

 

 

 

 

田島章廣さんの「希望の跡」。栄枯盛衰、ある時代の終わりを感じさせられます。

田島章廣さん

池田仲子さんの「時空船」。この船で時空を旅することができたら面白い。

池田仲子さん「時空船」

 

 

 

 

 

 

 

敷地和子さんの「AYAKA 2014Ⅰ」。選ばれた色がd独特ですね。

敷地和子さんの「AYAKA2014Ⅰ」

 

 

 

 

 

 

日和佐 廣さんの木版画「涙」。どくろに成りかけているようでもあり、肉も残っていて、眼球もあり、涙が流れている。凄まじく深刻な悲しい場面でもあり、ユーモラスでもある。不思議な絵だ。

日和佐 廣さんの木版画「涙」

耳塚 洋さんの「赤い帽子の女」。裸婦とバックのセルリアンブルー系の色調の中に赤の帽子が印象的でした。

耳塚 洋さん「赤い帽子の女」

 

 

 

 

 

 

ご来場ありがとうございました。

 

SHOJI NAKANISHI について

汎美術協会 会員/事務局長 HANBI ASSOCIATION member/Director General http://www.hanbi.jp jimukyoku@hanbi.jp FB https://www.facebook.com/shoji.nakanishi.370 MediCoMac.Inc  
画像 | カテゴリー: 美術、展覧会、美術館, 美術館, 汎美展 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中