汎美展が終了しました。続き 1。

今回も気になった作品を紹介します。

古い友人の塩沢慎介さんの「温羅・鬼ノ城」をテーマにした作品です。温羅は百済の皇太子で、新羅との戦いに敗れ、製鉄など進んだ技術を持って、日本に落ち延び、岡山県・総社市に鬼ノ城を築城した。7世紀の設立間もない大和朝廷は、優れた技術で勢力を拡大しそうな温羅を恐れ、討伐した。それが悪い鬼退治の桃太郎の話になり、また、あらゆる記録、歴史からは抹消されてきたということに興味を抱き、今回描いたとのこと。

 
天立・海靄・岩研/鬼ノ城 塩沢慎介
塩沢慎介 鬼ノ城/風のウラおもて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多摩美の先輩の三竹康子さんの「群 2014-佇む」です。紙粘土でマチエールをつくり、レリーフのような表現になっているのが面白いと思いました。淡い色調ですが力強い魚の群れが表現されていると思います。
三竹康子「群 2014-佇む」

 

今回初出品で、武蔵美を2年前に卒業した山下奈々さんの「すがる」です。若いアーチストが自分たちの表現を追求していく場になれば良いと思います。
山下奈々 すがる

 

 

 

 

 

 

外海文武さんの「Drop Ⅰ」です。一瞬の表情、しぐさをとらえた子供の姿が、工夫された画面構成でインパクト強く迫ってきます。
外海文武 Drop Ⅰ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西寄寿美さんの「大海へ Ⅰ,Ⅱ」です。ダイナミックなクジラと遊ぶ子供たちへの鎮魂歌ですね。
西寄寿美 大海へⅠ,Ⅱ

 

 

 

 

 

 

大谷敏江さんの「ふれあい 2」です。空間を自由に動き回る曲線が、楽しいふれあいの世界を創っていると思いました。
大谷敏江 ふれあい 2

 

 

 

 

 

田島章廣さんの「未来へ」です。グレーの世界に朽ちていきそうな白い家が印象的でした。未来へというタイトルから、いろいろと想像を巡らせました。
田島章廣 未来へ

 

 

 

 

 

 

 

岡澤みさをさんの「赤い街 F」です。リハビリの効果で、絵筆は持てるようになり、絵画制作と絵画教室での指導を復活したとのこと。
岡澤みさを 赤い街F

 

 

 

 

 

 

 

続く

 

SHOJI NAKANISHI について

汎美術協会 会員/事務局長 HANBI ASSOCIATION member/Director General http://www.hanbi.jp jimukyoku@hanbi.jp FB https://www.facebook.com/shoji.nakanishi.370 MediCoMac.Inc  
画像 | カテゴリー: 美術、展覧会、美術館, 汎美展 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中