第14回日仏現代国際美術展が終了しました。

第14回日仏現代国際美術展会場風景

今回は、大学時代からの友人でサロン・ブラン美術協会委員の満田博久に誘われて、出品させていただきました。
会場の大森ベルポートは、以前いすゞ自動車の工場があった土地で、現在は美味しいレストランがビル内にあったりして、自宅から近いこともあり、時々立ち寄る慣れ親しんだ所です。
広い会場に、具象やアブストラクト、立体まで、幅広く様々な力作が展示され、見ごたえのある展覧会だったと思います。
満田や小原さん(満田の弟子)の作品。また、私が気になった感慨深い「白」を表現している作品を紹介させていただきました。

満田博久「ふわり、ケルンで…」

小原聖史「EMERALD ver Ⅱ

橋本清一「運河沿いの家」

久下奈利子「室内」

笹沼恭欣「聖牛」

中西祥司「落ちる日」 F100 アクリル

SHOJI NAKANISHI について

汎美術協会 会員/事務局長 HANBI ASSOCIATION member/Director General http://www.hanbi.jp jimukyoku@hanbi.jp FB https://www.facebook.com/shoji.nakanishi.370 MediCoMac.Inc  
カテゴリー: 祥の作品, 美術、展覧会、美術館 パーマリンク

第14回日仏現代国際美術展が終了しました。 への2件のフィードバック

  1. 満田博久 より:

    紹介してくれてありがとう、今後も小原君ともども出品拠点として頑張りたいとおもいます。中西もよろしくお願いします。

    • sho0naka より:

      今年はキャンバスに向かい、描き、そして、機会があれば出品させてもらいました。日仏も満田に背中を押されてチャレンジしました。来年も同様、出品の機会に恵まれれば、チャレンジしようと考えています。よろしく。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中