上海と水郷地帯 2 烏鎮

  
上海からは車で約2時間。江南の水郷古鎮で、烏鎮が最も栄えたのは唐の時代。
 
日本の奈良時代に、これだけの水路が築かれ、街並みがほぼ出来ていたことに
驚かされる。3月初めなのに、雨降りが続き、まだまだ寒さ厳しい天候だった。
烏鎮水郷の観光は、120元の入場料を払って、街に入る。水路が交通手段であり、

その両岸に家が並び、船着場がある。洗濯もする。東洋のベネチィアと言われ、

違いは、家屋が石造りか木造か?石橋の構造は相似形と思えた。

細い石畳の道が水路と平行にあり、両側に木造の民家が並び、その家で生活し

ていることが素晴らしい。日本でも、奈良県橿原市の今井町では、江戸時代の

家と街並みが残され、中世を感じることができる。厳しい制約の中で、生活す

ることの大変さを聞いたこと思い出した。

古い商店が、昔からの風情、やり方を守りながら商売していることに、敬意を

称したい。書画店や仏像彫刻、べっ甲細工、抗白菊、焼き豚、麦芽糖、生薬店

などなど、そして、原始部落と言う看板が下がった通りがあり、知らず知らず

のうちに郷愁に浸される。

ブダペストの古い石造りの建物がなぜ残っているかと言えば、経済的に恵まれ

ない共産主義社会だった結果、開発が遅れた。18,9世紀の堅固な石造建築物が

破壊されることが無かった。そして今、改修が進み、綺麗な重厚な街並みが復

活している。烏鎮のこの歴史から取り残されたような街並みも、歴史の悪戯で

あり、それぞれの時代に生きた人々の努力であり、唐時代から千有余年の街の

歴史を刻んできた人々の足跡が思い起こさせられる。(写真はフォトに掲載)

  http://cid-6a2b743262a24a52.skydrive.live.com/play.aspx/%e4%b8%8a%e6%b5%b7%e3%81%a8%e6%b0%b4%e9%83%b7%e5%9c%b0%e5%b8%af%e3%80%80%ef%bc%92%e3%80%80%e7%83%8f%e9%8e%ae?ref=1

SHOJI NAKANISHI について

汎美術協会 会員/事務局長 HANBI ASSOCIATION member/Director General http://www.hanbi.jp jimukyoku@hanbi.jp FB https://www.facebook.com/shoji.nakanishi.370 MediCoMac.Inc  
カテゴリー: 旅行, 上海、烏鎮、水郷古鎮, 中国、上海、万博、水郷地帯 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中